Good day today!

節約+シンプルライフ=足るを知る者は幸せになる!自分を綺麗にして大切にする。

自己肯定感という標準装着の鎧をもっていない。

 

自己肯定感という標準装備の鎧をGETせず、

それを装着するすべも知らずに大きくなりました。
 
それで 色んな敵と戦い続けてきたけど、
標準装備である自己肯定感がないためか、
傷がどんどん増えて、しまいには傷だらけ。
 
傷を治すのに時間がかかるそう。
 
傷だらけの体が
「休め!これ以上戦ったらもうお前は死ぬぞ!」
と倒れる前に教えてくれた。
 
それが心の病といわれるものかな?
 
 療養中に私は傷をはやく治すために本で色々調べた。
武器だけでなく鎧を手に入れろと教えてくれた。
いくら強い武器を持っていても守りがないからダメージを喰らうんだ。
自己を守る鎧を持たないと。
いくら武器を揃えても鎧がなければ、
まただめになる。
 
 
自己肯定感があるのとないのとでは、
この世を生き抜くための考えやパワーが違う。
 
自己肯定感を軽くみてはいけないと知ったのは最近であり、
自己肯定感が己を守り奮い立たせる。
 
憎しみでも見返してやろうでも
あいつには負けたくないからでもなんでもない。
 
己の自己実現であり、幸せのために必要な自分を愛する力。
 
自己肯定感を標準装着している親は、
当たり前に子どもにも自己肯定感を装着してあげれる。
でも、親が自己肯定感を持っていなかったら、
子どもも無防備のまま。
親でさえ敵になってしまう。
しなやかに生き抜くパワーはない。
何かに依存や精神を病んだり、
生きることが複雑になり幸せではなくなる。 
 
私は子どもにまで、生きていくことは
しんどいという思いをして生きて欲しくない。
産まれてよかった、
辛いこともあるけど楽しいことの方が多いかな、
と思ってほしい。 
 
でも私には標準装着の鎧がない。
 
これから鎧を自分の手で獲得しようと思っている。
 
子ども時代に親と共に獲得し装着するより、
大人になって自分で獲得する方が困難だと思う。
 
誰かに手伝ってもらうのではなく、
自分で獲得するのは試行錯誤を繰り返していかなければならない。
 
何年、何十年かかるかもしれない。
 
本には誰かの温かい心が必要と書いてるのがほとんどだが、
私はそんな人がいない。
 
そう考えている時点でダメだよ~と思うかもしれないが、
今はこれでいい。
 
少しずつステップアップして、
その時がきたら気付くのかもしれない。
 
今は自分を大切に扱い、
甘やかす。
 
親に存分に甘えれなかったし、 
いつも気を張っていたから、
何か役に立たないと捨てられると思っていたから。
 
自己肯定感という鎧をGETするために・・・
ブログ書くよ(笑)
違うか。
 
心理学や精神分野の本、宗教、スピリチュアル、人とふれあい自分の心の動きを
客観的にみて、勉強してみる。
 
 
Thakyou(*'ω'*)